新車と中古車の違い

これから車を購入しようとする場合に新車を購入するか、
中古車を購入するかで迷っている人も多いのではないかと思います。

 

どちらしても高額な買い物であることには違いないため、
後悔が無いように購入を検討したいものです。

 

新車というのはその名前からも分かるように新しい車のことで、
車が製造されてから乗車されてない車ですが、
新車の場合は同車種で同じグレードであれば、
同じ金額で販売されているのが普通で、
オプションの有無などによって金額が変わるという特徴があります。

 

一方で中古車というのはこれまでに誰かの名義になったことがある車のことで、
実際に運転されたことがある車ですが、似たような車種で同じグレードの車であっても、
外装の状態や内装の状態なども金額に関わってくるため、
販売されている金額に大きな差があるのが特徴です。

 

基本的に中古車が新車より安くなっているのがほとんどで、
これは車の価値が走行距離や見た目で変わることに大きく影響しているのですが、
車種によっては前のタイプのデザインが人気という理由で、
現行で売られているタイプの車よりも
ひとつ前のデザインの中古車が高値で取引されているという場合もあります。

 

新車のように安定した金額で販売されていないというのが中古車の特徴なので、
売買に失敗しないためにも相対的な価値や市場を知ることが大切ですが、
車の価値がどのように決まっていくかということも知ることが大切で、
これによって売買になった際に有利に話しが進みます。