新古車と中古車の違い

車の購入を検討している際に情報誌などを閲覧していると、
新古車として販売されている車を見かけることがありますが、
見てみるときれいな外装で新品のように見えるけど、
販売されている金額は新車よりも安いというのが特徴となっています。

 

しかし、中古車よりは少し高い金額で取引されているのが一般的です。

 

新古車というのは新車でありながらナンバー登録がされている車のことで、
なぜ新古車というカテゴリーの車が誕生するかという理由に関しては、
試乗車として使用される車や展示されていた車が新古車という扱いになるためで、
場所によっては新古車という言葉を使用しないで未使用車と呼ばれることがあります。

 

新車と新古車を選ぶならどちらが良いかというと、
金額の面でいうと圧倒的に新古車となっていて、
新古車は言ってもほとんど新品のようなものですが、
それでも数十万円の価格差がつく場合が多いのです。

ですので、少しでも新車の購入費用を抑えたい人にはおすすめですが、
色が変えられないという欠点や
誰かが多少は使用しているので細かい傷や汚れが付いている可能性はあります。

新古車は名前こそ新古車ですが、カテゴリーとしては中古車に入ってくるため、
一般的には中古車市場に出回っている場合が多いのですが、
中古車と違って走行距離などは極端に短いのが普通です。

 

新古車と中古車のどちらの車が良いのかは悩むところだと思いますが、
どれだけ費用を費やすことができるか予算に応じて購入を検討していくと良いでしょう。