中古車を売るために必要なもの

中古車を売るにあたって、いきなり売ることはできないので、
事前に売るために必要なものを揃えておく必要がありますが、
基本的に車というのは名義があり、この名義を変更する必要があるため、
名義変更に必要な書類を用意する必要があります。

 

ここで必要な書類となるのは
自動車検査証や自動車税納税証明書などです。

 

自動車検査証というのは
2年に1回必ず受けないといけない車検を受けた場合に発行され、
通常は車内に置いておくのでないということは無いと思います。

 

しかし、自動車税納税証明書というのは自宅に届くため、
無くしているということも少なくありません。

きちんと税金を支払っているのであれば、
自動車納税証明書は新たに発行してもらうことができますが、
これにかなりの手間がかかってしまうことがあるので、できるだけ探すか、
時間に余裕を持って発行手続きを依頼するようにしましょう。

後は自賠責保険の証明書があれば、
乗っている車を中古車として売却するための書類は揃いますが、
実印が必要になるので作ってない場合は
事前に役所で作ってもらっておく必要があります。

 

後は乗っている車を中古車として売却したいところに
依頼をして売却の流れになりますが、
少しでも高く中古車として売却したいのであれば、
できるだけ複数のところから査定を受けるようにしましょう。

 

相見積もりという目的もあるのですが、業者によって欲しい車に差異があるため、
自分が売却しようとしている車が欲しいという業者を探す目的としてもあります。