新しい車を買って中古車を売る場合

中古車として乗っている車を売却するケースにはいろいろありますが、
日常生活において車が必要不可欠な人が手放す場合の理由として多いのは、
新しい車を購入するということで、乗っている車が不要になるというケースです。

 

その場合は下取りとして車を引き取ってもらうことも想定されます。

 

下取りというのは車を販売している業者が車を売る代わりに、
売る人から車を買い取るという仕組みですが、
買い取りした車は自社で販売するか中古車オークションに流通させることになるため、
業者にとって見ると売るメリットと買い取るメリットの両方の恩恵を受けることができます。

 

そのため、下取りだと高く買い取りしてもらえそうな気がしないでもないのですが、
実際はそこまで高値での買い取りは期待できず、
むしろ他の方法で中古車売却をするよりも安価な買い取りになる場合が多いため、
新しい車を購入するからといって無理に下取りとして出す必要はありません。

 

しかしながら、下取りとして中古車を引き取ってもらう場合は、
これから購入をする車に対して保険やオプションなどのサービスを付帯してもらえることもあるので、
こうしたサービスを総合的に考えると得をすることもあります。

 

いずれにしても後悔の無い取引にするためには
乗っている車の正しい価値を知るということが大切で、
この価値を知っているか知っていないかによって、
中古車の売買取引で損をするかしないかが決まってきます。