車外の状態について

同じ車種で同じ年式や走行距離の車でも
売却金額というのは変わってくるのが普通ですが、
これは中古車という性質が唯一無二であるということが関係していて、
新車と違って同じような車でも金額に差異があるのが普通です。

 

ちなみに車の価値を決める要素の中に車外の状態という要素がありますが、
車の外装の傷や汚れの具合が特に車の価値を決める上で重要な役割を果たしており、
傷が少ない車ほど価値があり傷が多いほど価値が下がります。

 

言い換えれば車の外装の傷が少ないほど高く売れるということになりますが、
これから中古車の売却を検討している場合に、
自分で直せる小さな傷やきれいにできる汚れであるなら、
事前に修復しておくというのも方法の一つ
です。

 

車の傷やへこみなどはホームセンターやカー用品販売店などで
安価に修復キットが販売されているので
これを購入することによって修復させることが可能となります。

 

しかし、自分で直せる範囲を超えている傷やへこみである場合は
無理をしないでそのまま置いておくことがおすすめです。

 

中には中古車買い取り業者に少しでも
車を高く買い取りしてもらいたいという理由から
わざわざ傷やへこみを高いお金を払って修復する人がいますが、
直したことによる査定額アップの影響よりも
修復する金額が高くついてしまう場合がほとんどです。

 

そのため、中古車を売却する場合は
傷やへこみの程度から判断して
自分で修復するかどうか検討するようにしましょう。