走行距離と中古車価格の関係

車の売却を考える場合に売価金額に関わってくるのが走行距離ですが、
走行距離が長くなれば長くなるほど車にかかる負担は大きくなるということで、
それだけ寿命が短くなると仮定されます。

 

ちなみに中古車の価値を決める要素で車が走った距離が関わってくるというのは、
インターネット上にある車査定サイトなどを利用しても分かると思いますが、
どのサイトでも共通して入力しないといけないのは走行距離で、
走行距離の長さが変わると査定額に変化が出ることが多いのが特徴です。

 

年式と並んで大事な走行距離ですが、
年式が古くなれば古くなるほど査定額に影響が出なくなるように走行距離に関しても
5万kmくらいまでは1000kmの違いで査定額に結構な差が出ることもありますが、
10万kmを超えてくると1万km変わるくらいでは査定額に影響されなくなります。

 

中古車の査定額で年式や車種が一緒にも関わらず費用に違いが出るのはこのためですが、
中にはメーターを改竄して売却しようとする人もいて、一時期問題になっていましたが、
最近は改竄ができないようになっているのでこの問題は改善されつつあります。

ちなみに中古車の走行距離が短ければ短いほど
査定額にプラス要素に働きそうな気もするのですが、
実際のところは走行距離が年式から考えて
極端に短い場合はかえって価値を落とす場合があります。

バランスが難しいところでもあるのですが、
年式相応というのが安定した査定額になる場合がほとんどです。