中古車に関係する税金の基礎知識

新車で車を購入する場合に普通車を購入する場合は
100〜200万円以上するのが普通です。

 

オプションや装備品を付け加えていると、
さらに高額な費用になってしまうことが想定されますが、
それだけ高いお金を支払ってようやく自分の物に出来たとしても、
そこからは購入した車を維持する必要が出てきます。

 

この維持費用というのは車を所有する上で欠かせない費用のことですが、
車の維持費用で高額になっているのは税金と車検と自動車保険で、
特に税金や車検というのは必ず必要になってくる費用となっているため、
避けることができない費用です。

 

税金には毎年支払う必要がある税金というのが用意されており、
これを自動車税と呼んでいますが、
4月1日に名義人となっている人に支払う義務があります。

 

この4月1日に名義人になっている人に
税金が課せられるというのが大きな特徴となっているのですが、
中古車を売却したのが3月中だった場合に、
その月に売却した中古車の名義を変更してくれていると
税金の請求が自分に届くことはありません。

しかし、車を買い取りした業者が
名義変更を怠って4月を超えてからの名義変更になってしまうと、
税金の請求は自分に届くことになります。

中古車売買トラブルで多い税金に関するトラブル例ですが、
業者の中には税金の支払いについて説明をしてない場合もあるので、
必ず春に近い時期で中古車売却を検討している場合は
業者との話しを進めていく上で税金についても必ず確認しましょう。