車検が近い場合は慎重に

自動車を維持する上で必ず必要になるのが車検ですが、
車検というのは新車で車を購入した場合は
購入から最初だけ3年後が車検を受ける時期となるものの、
原則として2年に1回が車検を受ける時期となっています。

 

車検を受けないといけないのは車のオーナーが
きちんと車の保守点検が出来ているかどうかを調べることが目的となっており、
車検を受けることによって車の信頼性が保障されるわけですが、
車検にかかる費用は10万から高い場合は20万円を超えることも珍しくありません。

 

そのため、中古車の売却を行う人の中には
車検時期が近くなったという理由で売却する人も多くいます。

 

確かに10万〜20万円を車検に支払うなら、
最近の中古車は数十万円でそれなりに性能が良い車も販売されているため、
車検を受けないで手放して
新しい中古車を購入するというのも選択肢の一つとして十分にあります。

ちなみに中古車査定にも車検の残り期間が大きく関係してくるのですが、
車検までの期間が長いと査定額は高くなり、
反対に車検ギリギリになると査定額はかなり下がるのですが、
わざわざ車検を受けてから車を売る必要はありません。

また、車検前後に中古車の売却を検討している場合はなかなか車を売ることができずに、
結果的に車検の期限を切れてしまったということも起こり得ますが、
車検が切れしまうとその車を運転して動かすことはできなくなり、
動かすのに別途で費用が必要になる可能性があるので注意が必要です。