見積もり書や契約書の内容

乗っている車を売る場合に個人で売る以外の方法になると
業者に買い取りをしてもらうという形になると思いますが、
最近は中古車専門買い取り業者と呼ばれる業者も増えており、
手続きや買い取りがスムーズということもあって利用する人も多いのではないかと思います。

中古車買い取り専門業者から車の買い取りをしてもらう場合に
気を付けたいのが書類や契約の面ですが、
車を買い取る業者は信頼できる大手の業者の傘下となっているところであっても、
少しでも安く買い取りをすることが目的となっているため、
最初は相場よりもかなり低い買い取り金額を提示してくる場合が多くなっています。

そのため、すぐに契約するのではなく
事前に複数の業者から見積もりや査定をしてもらっておくことをおすすめしますが、
そうすることによって中古車買い取り業者が不適正な価格で
買い取り価格を提示してくることを避けることができます。

 

そこで見積もり書という書類を書いてもらう人も多いと思いますが、
これは後の契約で必要になってくるので無くさないように保管する必要があります。

 

また、見積もり書は面倒でも必ず細かいところまで目を通すことが大切で、
特に税金などのトラブルは非常に多いので、
誰が税金を払うかということも確認しておきましょう。

業者の中には車を売却した後に不具合が見つかったという理由で
減額請求をしてくるところがあるので、
そのようなことが無いように契約内容をしっかりと確認しておきましょう。