トラブル例とその回避方法

中古車の中にはこれまでに様々なオーナーが
乗り継いできたという車もたくさんあります。

 

基本的に新車以外の車というのは
プロの査定士においても不具合を見つけることができないことも多く、
本来なら査定されるマイナス部分が査定時に見過ごされてしまい、
車を売却した後に気付くというケースも少なくありません。

 

その時に常識ある業者なら
査定士が見抜けなかったところに過失があると判断するので、
後から不具合が見つかったので返金して欲しいということはありません。

しかし、常識が無い業者なら不具合が見つかったという理由から
お金を返して欲しいと請求してくるところがあります。

あまり考えられないかもしれませんが、
実際に中古車売買取引でこうしたケースは非常に多いです。

 

これが引き金になって大きなトラブルに発展するケースも少なくないのですが、
中古車のトラブルに巻き込まれないようにするためにも契約の段階で
後から不具合が見つかった場合の対応について確認しておくことも必要です。

 

また、見積もりの時に提示されていた査定額よりも
実際の買い取り金額がかなり下がるというのも
中古車トラブルで多い例となっています。

 

そうならないためにも見積もりを受けた段階で
買い取り価格が変動する可能性があるのかどうか確認しておく必要があります。

 

我々の日常生活を便利にしてくれる車ですが、
どうしても中古車になってくると
他に同じものは無くトラブルになりやすいので注意が必要です。