修復歴や事故歴のある中古車の見抜き方

修復歴や事故歴のある車というのは車を売却する時にも問われる内容となっていますが、
ここでいう事故歴のある車に関しては単に事故をしたことがあるという意味ではなく、
事故をして車がかなり損傷を被ってしまった場合に大規模な修理をした車のことで、
基本的に事故歴のある車は非常に安価な金額で取引されることになります。

 

なぜ、事故歴がある車がそれほど安価な金額で取引されるのかということについてですが、
これは大きな事故をして内部にまで損傷を受けている車というのは
いくら修復しても後から不具合が生じる可能性は否めず、
どうしても信頼性に欠けるため安価になってしまうというものです。

 

そのため、これから車を購入しようと検討している場合に
新車ならそのような心配はありませんが、
中古車の購入を検討している場合は
事故歴の有無は車を選ぶ上での要素として非常に重要な部分になってきます。

できるだけ事故歴が無い車を選びたいものですが、
悪質な中古車販売店になってくると事故歴があることを知っているにも関わらず、
それを隠して販売しているようなところもあります。

事故歴のある中古車かどうか調べる場合に確認するポイントとしては
左右のフレームがしっかりと対象になっているかということで、
事故歴がある場合は板金修理を受けている可能性が高く、
歪みが生じている場合も少なくありません。

 

また、パネルの隙間がある場合も何らかの修理をした可能性があります。